読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

after party night

ジャニーズWESTと出戻ってきた日々のあれこれ

寅ちゃんの話。

文芸部のエントリーに★がいただけて嬉しくて小躍りしました。笑

ありがとうございます♡

共感しあう人があまりいないので嬉しいという気持ちで一杯です。


サムライせんせい4話。

思った以上にドラマに引き込まれてしまったので、書いて残しておきます。

流星くん演じる寅ちゃんと黒島結菜さん演じるさっちんがメインの回でした。

さっちんが寅ちゃんの家に来たけれど連れ戻されそうになり、寅ちゃんを呼ぶシーンでの寅ちゃんの切ない顔。

最初はお嬢様だったラッキー♡くらいのちゃらくて軽い感じが出ていたけれど、

さっちんが偶然ではなくストーカー気味に(…笑)追いかけていたこと、寅ちゃんはだめなんかじゃないと言ったことで*1、さっちんが自分のことをそんなに好きでいてくれたんだと寅ちゃんは知ったんだと思うんですよね。

だからこそ、さっちんの父親にくずと言われてしまう今の自分の姿やあまりにも立場が違うんだと実感してしまった感情があの切ない顔に入ってる気がして、踏み出せないよね。と思ってしまい、私まで切なくなってしまいました。

半平太に諭されて涙する姿も、追いかける姿も、やられてしまう姿も、少し変わろうとしているんだなって自然と寅ちゃんを応援したくなりました。


その後のコンビニ前の寅ちゃんとさっちんのシーンもすごく良くて。*2

働いて給料でファミレス奢ると言う寅ちゃん。

からの、

てかお前のギャル語前からちょっと変だと思ってた

ちょりーすとかいまどき言わねーし

普段通りのさっちんでいんだから

からのさっちんのいいこと言うねと嬉しそうな顔!!


もう!!2人とも可愛いしよかったな!!!!


流星くんが寅ちゃんってキャラクターを愛されるキャラにしているなと感じて、自担ってこんないい演技するんですよーーーって触れ回りたい気持ちになりました。

金曜の夜って一週間の疲れがどっと来る日でもあるし、次の日が休みって言う安堵感のある日でもあって。さむらいセンセイのちょっと笑える感じが毎週沁みます。


そして、余談ですが迎えに来たぜにときめきがぶわっと出て現実がますます霞んで見えます…


最近、たまにヲタクをしててよいのか悩みます。*3

一度ヲタ卒しているだけに、全てに醒めてしまうあの気持ちにもう一度なるのではないかと思い、なにかと買わないようにしてるし、熱くなりすぎないように緩くいなければと常に考えている自分がいます。

でも、流星くんやWESTを見ていると本当にきらきらした未来が待っているようで、ずっと応援していたい、様々なことに初めて取り組んでいく姿、大きくなっていく姿を一緒に見たくなります。

大阪マラソンも実況タグでしか見れなかったけれど、メンバーの頑張りと応援に泣きそうになりました。

bayじゃないかを聞く度に、メンバーへの好き度が増します。

このグループになれてよかったって全員がたぶん思ってるんだろうなって伝わります。

なにかがある度に、WESTっていいグループだなって思います。

だから、

やっぱりもう少しだけ応援していたい。

そんなことを考えた秋の夜長でした。

*1:ニュアンスです、ごめんなさい

*2:またしても完全ニュアンスです、ごめんなさい

*3:年上組と同世代のアラサーだけに若い子の中に混じるのが申し訳ないというか…